女性

インプラント治療を成功させる秘訣|医師選びと設備の確認が大切

歯並びの種類

にっこり

歯並びというのは人によってそれぞれ違っています。綺麗な歯並びなら治す必要はありませんがそうでない場合は神戸や大きな街の矯正歯科で治療を検討するといいでしょう。なぜなら、歯並びが悪いことで虫歯や歯周病のリスクが高まるからです。歯の凸凹に邪魔されて食べカスが落としにくくなるでしょう。また、そのような病気だけでなく顎の骨の負担から顎関節症という病気になる可能性もあります。健康でいるために歪んでいるという場合は神戸にある矯正歯科で相談しましょう。

神戸の矯正歯科ではいろいろな歯並びを改善させることができます。悪い歯並びでよく聞くのが出っ歯というものでしょう。これは上の歯が大きく前に突きだしている状態のことです。前に出すぎた歯が原因で口が閉じにくくなるということもあるのです。その逆で下の歯が上の歯より前に飛び出しているという場合は受け口と呼びます。この受け口になると下顎が前に出てしまうので顎がしゃくれているように見えることがあります。また、発音もしにくくなることがあるのです。このような症状以外にも神戸の矯正歯科では乱ぐい歯や隙っ歯といった症状でも治療を行なっています。このようないろいろな症状によく使われる矯正方法がワイヤーを使うブラケット矯正です。調節がしやすいという特徴があり広く使われているのです。さらに、見た目が気になる場合は裏側矯正やマウスピース矯正を行なっているという神戸の矯正歯科もあります。